梅づくし

梅は奈良時代に中国から輸入され、以来ず~っと日本人の心をとらえつづけてきました。
万葉集だけでも百首以上の歌が寄せられ、序文には現在の元号の元ともなった歌が詠まれています。
「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」

梅里公園の梅

2021

2020

「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」
       古今集紀貫之(きのつらゆき)   百人一首(35)

最新情報をチェックしよう!

花暦の最新記事8件

NO IMAGE

花のように

美しい花々の写真を楽しみながら、日々の暮らしを美しく豊かにするための知恵とヒントをgetしましょう!